茂原市の葬儀の種類について

葬儀というものは地域によってもいろいろな種類があるものです。

茂原で葬儀に関するお悩み解決にはこちらです。

茂原市の場合は千葉県のなかでも最も東側のほうに位置していることもあって、伝統的なスタイルを踏襲しているほうが普通といえます。しかし最近では首都圏中央連絡自動車道の開通などの効果から新住民も増加してきており、これらの人々を中心に、必ずしも伝統にはこだわらない葬儀の種類も付け加えられている状況です。



茂原市内での伝統的な葬儀の場合には、それぞれの地区の自治会の人たちなどの手伝いのもとで、自宅や寺院などで通夜、告別式を行い、その後に近親者のみでの火葬となります。
自宅などでは参列者の人数から考えて円滑に行うことができない場合には、民間の葬祭ホールなども活用されます。

一方で新住民のなかには必ずしも自治会などの地縁的なつながりを持たない人たちも存在します。
そこで登場するのが小規模な家族葬で、こちらも自宅で行われることもありますが、民間の葬祭ホールを最初から貸し切ることも多くなっています。家族葬の場合は亡くなった人と生活をともにしていた家族やその他の親族、友人知人などのメンバーだけが参列するのが一般的です。



逆にそれ以外の人については当日はあえて呼ばないことも多く、地域や会社、親族などが総出で行う伝統的な茂原市での葬儀とは隔たりがあります。
ほかにも遺族が経済的に困難な場合に、ほぼ火葬だけに特化した簡素な葬儀としての福祉葬が行われることもあります。